ニュース

NEWS
  • 特報第2弾&メインビジュアル&メインキャスト一挙公開!!
    2022/04/26

    『雨を告げる漂流団地』の特報第2弾が解禁されました。

    そして、特報映像の解禁とともにメインビジュアル&メインキャストも一挙公開!


    今作の主役となる航祐役田村睦心さん、夏芽役瀬戸麻沙美さん。W主演で漂流団地での不思議な冒険を通し、成長する幼馴染のふたりを演じます。


    さらに航祐たちと共に冒険する5人の子供たちを村瀬歩さん、山下大輝さん、小林由美子さん、水瀬いのりさん、花澤香菜さんが担当。超豪華キャストが集結いたしました!!


    映画『雨を告げる漂流団地』は2022年9月16日Netflix独占配信&日本全国ロードショー。

    公開を楽しみにお待ちください!!


    *キャストコメント


    ■熊谷航祐:田村睦心

    みんな誰しもが感じた事があるかもしれない思春期の時の心の揺れや複雑な想いが詰まっています。ごめんって言いたいけれど言えない。大切すぎるから離れたくない。懐かしくもあり、胸がきゅっとなるようなお話でした。

    映像もすごくよく動いていて、本当にそこに生きているようでワクワクしました。

    航祐くんは素直になれない思春期真っ只中の男の子ですが、リーダーシップも、いざという時の勇気もいっぱいの優しさも持っていて、愛らしくて大好きなキャラクターになりました。

    早く皆さんに観ていただきたいです!


    ■兎内夏芽:瀬戸麻沙美

    夏芽役として声の出演をさせていただくことが決まってから、小学生6年生の夏休みってどんなだったかなぁと思い出していました。あの頃は家や学校その近所が自分の世界の全てで、一歩その外に踏み出すと大冒険だったような気がします。

    大人になってからは感じにくくなった1日の時間の長さも、夏芽はいま感じているんだろうなと思うと、より慎重に丁寧に夏芽に向き合わないといけないなと思いました。

    どこか懐かしい夏の匂いと、夢みたいな不思議な作品の世界に、夏芽を通してどっぷりと浸かって、アフレコに臨みました。皆さんに楽しんでいただけたら幸いです。


    ■のっぽ:村瀬歩

    のっぽという役を演じるにあたり、収録の前に監督と色々お話をさせていただけた事がとてもありがたかったです。監督の頭の中にたしかに居る「のっぽ」を感じることができたので、色々なアプローチを試すことにとても楽しんで挑めました。

    役柄的にあまり話すことができないのが残念ですが、そこはお察しください(笑)

    あったかくてちょっと切ない、そんな素敵な作品です。公開をお楽しみに!


    ■橘譲:山下大輝

    ガッシリとした譲くんを演じさせて頂きました。

    皆が安心できるような優しくて温かい雰囲気の子です。

    そして、ここぞという時は誰よりもパワフルで頼りになるかっこいい部分もあります。

    老若男女問わず楽しんでいただける作品だと思いますので、沢山の方に観ていただきたいです!


    ■小祝太志:小林由美子

    このお話、めっっちゃくちゃ面白いです!!

    一気に引き込まれました!

    今回やらせていただいた太志役は漂流する少年少女達の中で一番精神年齢も見た目も幼い少年ですが、彼の持ち前の明るさと無邪気さと私お得意のIQの低さで漂流中はみんなの足を引っ張らないようもがきました(笑)

    皆様に是非是非観ていただきたい至極の作品です!!


    ■羽馬令依菜:水瀬いのり

    団地がテーマな本作品。皆さんは団地と聞くと何を思い浮かべますか?

    私はお婆ちゃんが団地住まいだったこともありとても懐かしく親しみのある存在として胸に残っています。

    たくさん遊びたくさん冒険しました。本作は皆さんの記憶に語りかける様な作品です。

    誰の中にもある幼少期の思い出。ぜひアルバムを片手にご覧頂きたいです。


    ■安藤珠理:花澤香菜

    石田監督が手掛ける作品の水の描写が大好きなのですが、今作はそれが盛りだくさんでとても楽しみです!

    声を担当した珠理ちゃんは、やわらかい印象の心の優しい女の子です。おてんばな親友の令依菜ちゃんとのコンビが微笑ましくも、展開によってぐっとくるように、令依菜ちゃんへの想いを大切に演じています。

  • スタジオコロリド10周年オンライン映画祭開催決定!
    2022/04/22

    ■オンライン映画祭を開催します!

    『雨を告げる漂流団地』の制作スタジオであるスタジオコロリドが、2022年5月6日(金)、7日(土)に設立10周年を記念したオンライン映画祭を実施することが決定しました!

    映画祭では、2018年に公開し第42回日本アカデミー賞 優秀アニメーション作品賞を受賞した長編映画『ペンギン・ハイウェイ』や、2020年にNetflixで配信され世界30ヶ国以上でトップ10(映画)入りした『泣きたい私は猫をかぶる』など、スタジオコロリド制作のアニメ作品7本がYouTubeで期間限定配信されます!

    さらに映画祭期間中には、これまでの作品に出演した豪華キャスト陣からのコメントや、監督・スタッフ描き下ろしのスペシャルイラスト等がスタジオコロリド公式Twitterアカウントで公開予定です。

    スタジオコロリドの作品を知らない方は気軽に、知っている方はもっと深く楽しめる映画祭。ぜひこの機会にお楽しみください。

    ◆映画祭特設サイト⇒ https://10th.colorido.co.jp/

    ◆スタジオコロリド公式Twitter⇒ https://twitter.com/studiocolorido


    ■配信ラインナップ

    ▼5月6日(金)公開作品

    ・配信期間:5/6(金)12:00~5/12(木)11:59 

    陽なたのアオシグレ』(監督:石田祐康、キャスト:伊波杏樹、早見沙織 ほか)

    『寫眞館』(監督:なかむらたかし)

    『ブブとブブリーナ』(監督:なかむらたかし、キャスト:林原めぐみ)

    ・配信期間:5/6(金)20:00~5/7(土)19:59 

    『ペンギン・ハイウェイ(監督:石田祐康、キャスト:北香那、蒼井優 ほか)

    ▼5月7日(土)配信作品

    ・配信期間:5/7(土)12:00~5/13(金)11:59

    『すすめ、カロリーナ。』(監督:マテウシュ・ウルヴァノビチ)

    BURN THE WITCH』※第1話のみ公開(監督:川野達朗、キャスト:田野アサミ、山田唯菜 ほか)

    ・配信期間:5/7(土)20:00~5/8(日)19:59

    『泣きたい私は猫をかぶる』(監督:佐藤順一・柴山智隆、キャスト:志田未来、花江夏樹 ほか)

    <配信チャンネル>

    ツインエンジン公式YouTubeチャンネル

    https://www.youtube.com/c/TWINENGINE


    ■10周年記念PV公開!

    さらに、映画祭の情報解禁とあわせて、スタジオコロリド設立10周年を記念した特別PVを公開しました。

    日常と非日常のコントラスト、躍動感のある映像演出、愛らしいキャラクターなど、スタジオコロリドらしさがぎゅっと詰まった1本になっています!

  • 主題歌&挿入歌アーティストが”ずっと真夜中でいいのに。”に決定!挿入歌「夏枯れ」PVも公開!
    2022/04/16

    主題歌&挿入歌を担当するのは、アニメ作品初のタイアップとなる 「ずっと真夜中でいいのに。」

    映画『雨を告げる漂流団地』の主題歌と挿入歌を「ずっと真夜中でいいのに。」が担当することが発表となりました!

    「ずっと真夜中でいいのに。」がアニメ作品の楽曲を担当するのは本作が初!


    *「ずっと真夜中でいいのに。」ACAね コメント

    制作にあたり石田監督から物語としての想い/ヒントをいただき、すぐさまメモやら何やら広げながら取りかかると普段の自分とも繋がりました。季節が暮れるたび枯れるたびに想いを馳せてしまうような作品に浸りながら新たな夏の曲を作らせていただきました。(もともと団地の纏う もの懐かしさや たた住まいがとても好きで監督と盛り上がれて嬉しかった)主題歌と挿入歌として交わることができて感謝です。。


    ずっと真夜中でいいのに。× 映画『雨を告げる漂流団地』挿入歌「夏枯れ」PVが公開

    さらに今回、本作のために書き下ろされた新曲・挿入歌「夏枯れ」のPVが公開となりました!

    PVには『雨を告げる漂流団地』の制作過程の映像が使用されており、ノスタルジーを感じさせるような心地よいリズムにのせて、映画公開までの期待がより高まるような仕上がりとなっています。

    ぜひご覧ください!

  • 石田祐康監督ら スタッフコメントが到着!

    監督:石田祐康、キャラクターデザイン:永江彰浩、キャラクターデザイン補佐:加藤ふみからコメントが到着!

      

    ✼監督:石田祐康 コメント

    団地に惹かれました。明快な建物の形。広々とした緑豊かな敷地。この国が焼け野原から立ち上がる象徴としてあった姿と、裏腹に疎まれ壊されてきた生い立ち。それでも、装いを更新し生き続ける姿。それもこの場所を望み、暮らし、憩う、新しい世代のために。

    戦後の日本人の原風景となって、今もなお縁の下で人を支えようと頑張る存在。健気だ…。

      

    この映画に登場するある少女は団地をかけがえのない場所と思っています。しかし周りは理解できません。オンボロ団地だのオバケ団地だの言いたい放題です。取り壊しさえ始まってしまいます。少女の思いなど、関係なく。

    きっと誰にでもある大切な場所は往々にして他人にとっては他人事。でもだからこそ”自分だけの特別な体験”がそこにあったはず。そういう個人的な体験を他人に伝えるのは難しい事ですが、そこから飛び出てくる熱量を前にすると、せめて自分だけでも信じてやれないものかとなって…。

      

    この映画はそういうことを信じた結果、タイトルにしてしまうほど団地に思いを寄せた作品となりました。こういう類のアニメ映画としては恐らく変わり者です。自分にとっても一つの挑戦となります。分かりやすく学校にするなどの意見もありました。苦しんで、悩んで、それでも信じるままに!逆に皆で一緒になって知恵を絞りつつ!…団地を船出させることになりました。

      

    僕からしたらこんな“ちっぽけな”個人の思いを、多くの方の力を借りて大きく作らせてもらっているんです。その申し訳なさと同時に有り難いことと考え、身が引き締まる思いで取り組んでいます。…巻き込んでしまったからには…良い形にしたい!頑張りたいです。

      

    2022年、この団地が漂流する果てに少年と少女は何を見るのか。ご期待ください。

      

    キャラクターデザイン:永江彰浩 コメント

    本作は石田監督の奇想天外なアイデアを基に、夏にぴったりな作品になっております。タイトルにもありますように団地という舞台には特にこだわりを持って設計しておりますので、この建築が持つ表情の魅力を感じていただけたら幸いです。

    そして、何よりその場所にまつわるキャラクターたちの思いをストレートに受け取っていただけるよう努めております。ぜひご覧くださいませ。  

      

    キャラクターデザイン補佐:加藤ふみ コメント

    今までのコロリド作品の良さを引き継ぎつつ、また新しい地平を目指して鋭意制作中です。同じ学校に通いながらも全くバラバラなタイプの子供たちが、漂流生活を通してどんな成長を遂げるのか注目していただきたいです。

    今、そしてこれから12歳になる人もそしてかつて12歳だった人にも、あったかもしれない一夏の物語として楽しんでいただければ嬉しいです!

  • 映画『雨を告げる漂流団地』公開決定!

    2018年に初の長編映画『ペンギン・ハイウェイ』で第42回日本アカデミー賞優秀アニメーション作品賞、ファンタジア国際映画祭 今敏賞(ベストアニメーション賞)を受賞し、2020年長編映画第2弾『泣きたい私は猫をかぶる』はNetflix にて全世界独占配信され、世界30カ国以上で再生回数の多い映画ランキングTOP10に入るなど、全世界からの賞賛を浴びたアニメーションスタジオ「スタジオコロリド」。

       

    その待望の新作長編アニメーション映画第3弾は、『雨を告げる漂流団地』。
    Netflix映画として制作されることが、公式スペシャルイベント「TUDUM: A NETFLIX GLOBAL FAN EVENT」にて堂々の初解禁!

    2022年Netflixにて全世界独占配信&日本全国ロードショーが決定しました!

      

    少年少女の冒険を予期させる躍動感溢れるキービジュアルが公開!

      

     
      

    スタジオコロリド過去作から待望の新作へとステップアップする特報映像が公開!

    大海原を漂流する団地、そこへ迷い込んでしまった航祐たち。団地は、どこへ向かうのか…。
    少年少女のひと夏の冒険を描いた長編アニメーション映画『雨を告げる漂流団地』。
    公開を楽しみにお待ちください。